読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ!こちらガジェット研究会!

最新ガジェットやネットめしを追いかけるブログ!

iPhone6sでインもアウトもカメラがスペックアップ?!ますます報道カメラマンの存在価値が怪しくなってきた件

Apple iPhone 写真&カメラ リーク情報

news.yahoo.co.jp

iPhone 6sでは、フロントカメラの画素数がこれまで1.2メガピクセルから5メガピクセル1.2メガピクセルへと大幅にアップグレードされるとのことです。

おぉ!!ウワサですけど、大幅にスペックアップさせてきましたねー!!!
今までのフロントカメラでも十分キレイに撮影できてましたが、さらにパワーアップ!!

ていうか、このニュース見るまでフロントカメラって1.2メガピクセルしかないのに気づいてませんでしたw

まぁ、それくらい普通に使えてたってことです。

セルフィー人口が増えたから必須のスペックアップ?

本当に5メガピクセルになるかはわかりませんが世界的にこれだけセルフィーが流行しましたから、必然のスペックアップかもしれません。

アウトカメラも8メガピクセルから12メガピクセルに向上するというウワサなので、どちらも真実ならユーザーは嬉しいですねぇ。

そもそも世界で一番使われているカメラが、iPhoneっていうのがすごいワケでww
ますます名カメラマンが量産されるっことです。

 

報道カメラマンってもう必要ないんじゃ・・・・

それにしても、スマホが世界中で普及してから報道映像がすごくなりましたよね。
なにかハプニングが起きたら、周辺にいるスマホ所有者がすぐに撮影しているので
リアリティと迫力のある映像をよく見かけるようになりました。

f:id:reonaworks:20150905145629j:plain

映像作品では圧倒的にプロのほうが需要ありますが、報道に関しては一般視聴者の映像が多く採用されている気がします。

最近のニュース番組の衝撃映像とかほとんど”視聴者提供”ってなってますもんね。

それを考えるとわざわざ報道カメラマンって必要ないんじゃないかなーって。

もうね、世界の70億人を報道カメラマンしてしまったジョブズはすごいなーとあらためて思いましたねー。