ようこそ!こちらガジェット研究会!

最新ガジェットやネットめしを追いかけるブログ!

フェースブックの「よくないね!」ボタンは最終的に、ディスる人専用になりそう。

f:id:reonaworks:20150916141220j:plain

www.gizmodo.jp

フェイスブックのユーザーは長い間、「よくないね!」ボタンやマイナス投票ボタンの導入を望んでいました。

しかし今日、とうとう私たちは「よくないね!」ボタンの導入に取り組んでいることを発表します。このテストも近日始まる予定です。

このボタンは(Rdditのような)コミュニティサイトの「いいね!」「よくないね!」というシステムにはなりません。

ユーザーは自分にとって大切な日に「よくないね!」をつけられる経験はしたくないでしょう。

「よくないね!」ボタンはなにか悲しい出来事がおきて、「いいね!」とは言いづらい共感を表現するために使われることになります。

 どうも、ガジェット研究会の楓です。

久しぶりに記事、書きます。

たしかに「いいね!」ボタンを押しにくい話題はあるけど・・

フェイスブックが言うように、悲しいニュースなどに対して「いいね!」ボタンを押すのは違うなぁー・・・・でも、なにか意思表示として伝えたいから「いいね!」ボタンを押しとこ!

っていう場面はわたしも経験あります。

しかし、今回発表された「よくないね!」ボタンってわたしは必要ないと断言します。

マスメディアが伝えるニュースには、悲しい出来事や不幸なニュースも多くあります。
マスメディアがフェースブックやツイッターを使って伝えることもありますが、わざわざそれに対して「よくないね!」って伝える意味なんてないと思うんですよね。

そもそも「よくないね!」って、どうしても他人行儀というか(他人の場合が多いでしょうけど)見放した感じを受けます。

ならば、そのニュースをみて自分の心の中で受け止めるか、コメントで応援や意見を述べればいい。

フェイスブックがなぜ急にこのボタンを設置したのか真相はわかりませんが採用されても、わたしは使いません。

個人間のやりとりでは、結局批判ボタンとして使われそう

ユーザーは自分にとって大切な日に「よくないね!」をつけられる経験はしたくないでしょう。

 とありますが、心無い人は絶対に批判ボタンとして使うんじゃないでしょうか?

フェイスブックが基本は実名登録とはいえ、所詮はインターネットの世界ですからひどいことを言ってくる人はたくさんいます。

偽名のアカウントを使って、嫌いな相手に対して「よくないね」ボタンを使う人もでてくるっていうのを考えたらないほうがいい気がします。

利用者が減っているから、話題作りのためなのか?

appwoman.jp

最初この「よくないね!」ボタン導入のニュースを見たときは、これがよぎりました。

実際、若い世代で使ってる人なんてほとんどいないし、大人たちの間でも更新してる人が減ったなぁ・・・なんて話もよく耳にします。

登録者が多くても、ほったらかしで利用してくれなければフェイスブックの収益元である広告収入がはいりませんから、どうにかしてみんなに使ってもらいたいんじゃないのかと思いました。

とすると「よくないね」ボタンはただの話題作りな気もします。

個人間でSNSを利用するならハッピーな話題を拡散したい!!

わたし個人の考えですが、SNSやネット上で発信する場合、基本的にネガティブな話題はしないように心がけています。

テレビや新聞のニュースで毎日、暗いニュースや事件が報道されてるのに、わざわざ視聴者まで報道ごっこしなくていいと思うんですよね。

そんなのマスコミが勝手にやって、見たい人だけ見ておけばいいんです。

事件や事故のニュースを見たって人生が良くなるなんてことはないわけですから。

それなら、人生にとって有意義で楽しくてみんなが幸せになれるような話題や事柄を発信したほうが100倍素敵です。

 

このフェイスブックの「よくないね!」ボタンもザッカーバーグさんが悩んで開発したとありましたが、こんなのハッキリ言ってなくていいんですよ。

ネガティブは静観or意見。

ポジティブは全力でいいね!!!で。

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

  • 作者: デビッド・カークパトリック,小林弘人解説,滑川海彦,高橋信夫
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2011/01/13
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 33人 クリック: 2,842回
  • この商品を含むブログ (240件) を見る