読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ!こちらガジェット研究会!

最新ガジェットやネットめしを追いかけるブログ!

映画版「バクマン。」はキャストも音楽も演出も最高の新感覚ムービーだった。もっかい見たいぞぉ(゚∀゚)

動画 映画

バクマン。

こんにちは!ガジェット研究会、七海です!

今回はお休みに映画「バクマン」を見てきたので、そのお話でございます! 

※こちらのCMは豪華に声優さんがナレーションを担当しているバージョンです!

【友情編】はルフィやクリリン役の「田中真弓さん」

【努力編】はケンシロウや、冴羽リョウ、キン肉マン役の「神谷明さん」

【恋編】はブルマや、オレンジロードの鮎川まどか役の「鶴ひろみさん」

【勝利編】はドラゴンボールの孫悟空役!「野沢雅子さん」

が担当しています!本編での、声の出演などはないので、かなり貴重なCMとなっております\(^o^)/

原作とあらすじ

原作は、2008年より『ジャンプ』で連載され、コミックス全20巻で累計発行部数1500万部超の大ヒットマンガ。

実写映画化もされた『DEATH NOTE』の原作・大場つぐみと作画・小畑健タッグの作品。

 

バクマン。 カラー版 20 (ジャンプコミックスDIGITAL)

あらすじ

高校生の真城最高(佐藤健)は、高い画力がありながらも将来に夢を持たず、ただ流されて生きていくだけの日々を送っていた。

 

最高の叔父は、かつて週刊少年ジャンプに連載し、その作品がアニメ化もされた漫画家・川口たろうであった。

 

だた結局は連載打ち切りとなり、その後叔父は過労により亡くなった。

そのことが最高の心に暗い影を落としていた。

 

ある日、些細な出来事をきっかけに、秀才のクラスメイト・高木秋人(神木隆之介)に

「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。

 

はじめは一緒に漫画を描くことを拒絶していたが、声優を目指している片思いのクラスメイト亜豆美保(小松菜奈)と、「漫画家として、声優として、お互いの夢が実現したら結婚する」と約束したことから、漫画家への道を志すことになる。

 

最高と秋人はコンビを組み、夢の週刊少年ジャンプの連載を目指して日々漫画づくりに明け暮れる。

 

ジャンプ編集者の服部(山田孝之)に見出され、ようやく光明が見えてきたとき突然ライバルー新妻エイジ(染谷将太)が現れる。

 

若干17歳で手塚賞入選を果たした天才・エイジは瞬く間にジャンプ連載を決めて遥か先を走り始める。

 

そして次々と現れる新進気鋭のライバルたち。

 

 

はたしてふたりは

ジャンプ連載を勝ち取る

ことができるのか!?

 

原作は大ヒット作品なので、見た方も多いと思いますが、さすが「DEATH NOTE」コンビの作品だけあって、読み応えもかなりあります。

 

実際はどうかはわかりませんが、漫画家の感情や作業の大変さ、ジャンプ編集部の描写の細かさがリアリティがあって面白いですね。

 

わたしは連載が終わってから、だいぶ時間がたって読んだんですが正直、もっと早く読めば良かった!

 

内容も「これを少年誌でやったのかぁ・・」ていうぐらい大人が読んでも楽しめる作品だと思います。

 

リアリティを追求するだけでなく、「青春」や「恋愛」をいい感じに取り込まれているの少年漫画誌でヒットした要因なんじゃないかと思います。

 

原作は全部で20巻で完結しますが、文字の量も多めなのでこれから原作を読もうかなぁっていう人はちょっと覚悟しといたほうがいいですよ。

読むのすっごい時間かかりますからw

 

実写版のキャストと感想

わたし個人としては、漫画の実写化は結構好きです(・∀・)

よっぽど駄作じゃないかぎりは、すんなり見れる人です。

 

ただ「バクマン」を見た素直な感想は・・・

 

 

 エンターテイメント映画として、かなり面白い!!

 

っていうのが正直な感想です。

 

原作の設定や、サイドストーリーなどのボリュームを考えると2時間でまとめるのはムリがあるでしょー!!って思ってましたけど、いい感じにまとまってて、ビックリしました!

 

正直、最初の導入分は「無理やり感」がかなりありますけど(詰め込みすぎな気もする)最後はキレイにまとまってましたねー。

逆によく2時間でキレイ終わらせたのは、監督の腕があるからでしょう。

 

キャストについては、ネット上でも

佐藤健君と神木隆之介君の配役が逆だぁ!!!

ってよく騒がれていましたよねw

 

わたしも、「バクマン実写化!!キャストはこの2人!!」ってなった時に、イメージしてた配役と逆でしたwww

まぁ演じている2人が逆だ!って言ってるんだから、そうなんでしょうww

 

ただねー、今回映画を見てると何の違和感もなかったです。

むしろ良かった!!!

逆に見終わったら、あの配役意外は考えられなくなっちゃったしww

動画にもありますけど、2人の性格を判断してキャスティングされたようですがホントにピッタリでした!

 

最近の映画の配役って、昔と違ってドンピシャの人が演じることが多くなってきたのは、キャスティングする人が上手くなってきたんでしょうね。

いやぁ、ほんとスゴイ!

 

 

それと、2人のライバル新妻エイジ!!

「バクマン」のなかでは、超カリスマとして描かれていましたが、映画版では”ちょっと変わった漫画家”みたいになっててちょっと残念だったかなー。

 

セリフの言い回しは、原作に近いものがあったけど、エイジにある【軽やかさ】みたいなものがないんですよねーww

 

原作のエイジはフワフワしてる可愛さが少しイメージにあるんですけど、染谷くんのエイジはなんか、のっそりしてるんですよww

重たいっていうかねww

 

それとキャラが、ちょっとだけ【イヤな奴】に見えるww

 

原作読んでる人は、エイジっていい奴っていうのを知ってるから別にいいんだけど、映画版しか見てない人は「スッゲーイヤな奴」に見えてそうな演出だったので、ちょっと染谷くんがかわいそーだなぁと思ったり。

 

そして、ヒロイン亜豆美保役の小松菜奈ちゃん!

これも、キャストが発表された時に

「えー!全然違うくない??」

って思ってました。

 

もうね、原作だと圧倒的な可愛さがあるから、もっと他にいるでしょー!!って考えてみたんだけど、いないんだよねww

 

そんでもって、演じてるの見たらスッゲー可愛かったwww

 

なんなんだ!あの透明感!!って感じになりますよ。

 

あとはねぇ、原作とは全然見た目とかは違うけど、服部哲役の山田孝之がよかったわぁぁああ(・∀・)

 

たぶん最初っから漫画版の服部さんとは似せる気ないんでしょうけど、あの演技してない感はすごいね。

 

本当にジャンプ編集者の人が、そこにいるみたいだったもんww

さすが、世界のトップ俳優に選ばれるだけはありますね。

 

 

もうね、キャストの話を全部書いていくだけで、かなりの量になるのでこの辺でやめますけど、みんな最高でした。

福田役の桐谷健太さんとか、まんまだしww

川口たろうのクドカンも良かったなぁー!!

 

それと原作にはいるけど、映画には出てこないキャラ(見吉とか蒼樹さんとか)も見たかったっていうのが正直な意見。

ないとは思うけど、続編とかあったらぜひ見てみたいです。

 

主題歌と音楽

主題歌はサカナクションが担当!!

PVもドリフっぽくて、めちゃくちゃシュールですよねww

 

しかも、バクマン。の映画音楽もサカナクションが担当してるらしい。

 

主題歌を担当してるってのは、知ってたんですけど、映画見ながら「あぁ、サントラもサカナクションぽいなぁ」って思ってたら、やっぱりそうでしたw

 

もうね、とにかくかっこいいんだ!!

【漫画】っていう題材が、一見オタクっぽいんだけど、演じてるキャストとサカナクションサウンドが一気にオシャレにカッコよくしてるんですよね。

 

途中で音楽を気にして見だしたから、今度見る時は音楽もちゃんと聴きたいな。

これから映画見る人は、ぜひ音楽にも注目して見てみてください!

カッコイイでー!

 

あー、ホントもっかい見たくなってきた・・・

 

注目のエンドロール

漫画の執筆シーンに、プロジェクションマッピングや殺陣みたいなアクションを取り入れたりと、その辺も注目なんですが、個人的には最後のエンドロールが「うぉおおおおお」ってなりましたね。

 

なんかねー、演出が粋で超オシャレ!!

 

だいたいエンドロールって、つまんないじゃないですか。

黒バックに白地で、延々とキャストやスタッフが流れていくっていうね。

 

その本来は、つまんな部分が最高にステキな部分になってます!

あえて、記事には書きませんけど漫画好きの方にはたまらない演出になってます!

 

ていうかね、自分が映画スタッフだったら嬉しいだろうなぁーっていう感じの演出!

うーん、もっかい見たいww

これは、ぜひ本編で確認してみてくださいね。

 

まとめ

漫画原作を実写化すると、毎回なんやかんや言われますが「バクマン。」は一本の映画としてちゃんとオススメできる作品です。

いや、むしろ最高。

 

内容が薄いとか言ってる方もいますが、2時間であそこまで再現してるほうがすごいから!!

 

キャストも演技も音楽も演出も、全てにおいて完成度高い!

 

まぁ個人的には健&神木きゅんを見れただけで大満足なんですけどねwww

 

【おしまい】

 

バクマン。 コミック 全20巻完結セット (ジャンプコミックス)

バクマン。 コミック 全20巻完結セット (ジャンプコミックス)