読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ!こちらガジェット研究会!

最新ガジェットやネットめしを追いかけるブログ!

iPhoneのバッテリーの減りが早い原因は、Facebookアプリかも?

f:id:reonaworks:20151017130628j:plainども!ガジェット研究会、冬乃です!

 

日本ではiPhoneユーザーがかなり多いですが、みなさんどんなアプリをインストールしていますか?

 

実はアプリによっては、iPhoneのバッテリーの減少に大きくかかわるものがあります。

 

通信やGPSを多様するものであったりCPUに負荷がかかるものであったりと様々ですが、Facebookのアプリがそのひとつなんじゃないかと言われていました。

そして、そのFacebookアプリでも設定でバックグラウンド更新や位置情報をオフにすると、バッテリー消費を抑えることができるということだったんですが・・

 

Facebookアプリはバックグラウンド更新をオフにしても意味がない!

 

Cult of Macの記事によると、バックグラウンドのアプリ更新がオフになっているにもかかわらず、バッテリーを消費しまくってるということが明らかになりました。

f:id:reonaworks:20151017123436j:plain

Photo: Matt Galligan
Photo: Matt Galligan/Medium

www.cultofmac.com

 

バッテリーの消費を抑える解決方法はただひとつ

このバッテリー消費問題を解決するには、

 

Facebookアプリをアンイストールしかありません。

 

Facebookを使うときは、ブラウザから直接アクセスするだけです。

 

Facebookを使ってる友達も、電池の減りが早過ぎるからアプリを消したっていう人が何人かいましたねー

 

最近、色んなサイトでウワサされていたので、消してみたらバッテリーが持つようになったとのことです。

 

ちなみに【Facebook】は14日、この問題について調査をすることを発表したとのこと。

 

Facebookを多用する人にとっては、やっぱりアプリが使えたほうが快適なので早めに解決してほしいですよね。

 

ただこれはアプリがアップデートされるのを待つしかなさそうです。