読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ!こちらガジェット研究会!

最新ガジェットやネットめしを追いかけるブログ!

PlayStationVR(PSVR)気になる情報全まとめ【随時更新】

f:id:reonaworks:20160126115922j:plain

PlayStationVR(PSVR)とは何か?

PlayStation4専用の、バーチャル・リアリティ(VR)システムの名称。

正式な名称が決まるまでは「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」と呼ばれていた。

 

顔に直接取り付けるタイプのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を用いることによって、プレイヤーを360度全方向から取り囲む、迫力ある3D空間を体感することができるようになる。

目の前に広がる圧倒的な臨場感は、ゲームの世界に本当に入り込んでいるような体験をもたらしてくれる。

PlayStation®VR | プレイステーション® オフィシャルサイト

  • 2014年にてGame Developers Conferenceで【Project Morpheus】として発表される。
  • 2015年9月15日、商品名称を【PlayStationVR】と正式発表
  • 2016年上期に発売が予定されている。価格や発売日などは未定

PlayStation VRのスペック

  • 構成:プロセッサーユニット、ヘッドマウントユニット
  • ディスプレイ方式: LCD
  • ディスプレイサイズ: 5インチ
  • ディスプレイ解像度 :1920×RGB×1080(左右の目それぞれに960×RGB×1080の映像を表示)
  • 水平視野角 :90度
  • 搭載センサー: 加速度センサー、ジャイロセンサー
  • 接続I/F: HDMI + USB
  • 機能: 3Dオーディオ、ソーシャルスクリーン

「プレイステーション 4」の世界をさらに拡げるバーチャルリアリティシステム「Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)」 新型試作機を開発~120fpsの滑らかな映像表現などで臨場感を一層向上させながら、2016年上半期の発売に向け開発を継続~ | プレイステーション® オフィシャルサイト

 

PlayStationカメラとPS Moveなどの周辺機器を利用してプレイする。

PlayStationVRとPlayStationカメラの同梱版も出るのでは?とウワサされている。

  

PlayStation Move モーションコントローラ (CEJH-15018)

 

発売日や価格など

詳しい価格は今のところ発表されていないが、公式でのコメントによると【ゲーム機と同じ程度の価格になる】とされているので本当ならば3万円から4万円程度と予想。

海外の小売店が、価格を暴露するなどの話題はあるが公式ではないためガセの可能性が高い。

発売日は2016年上期(6月まで)に発売される予定。

 

最新情報は、PlayStationVRのプレミアムメールマガジンに登録しておくと早く情報が得られる。

f:id:reonaworks:20160126104045p:plain

PlayStation®VR | プレイステーション® オフィシャルサイト

PlayStationVR公式発表がありそうなタイミング

 

  • 1月:「CES 2016」で発売日発表くるか?!と盛り上がるも発表なし
  • 2月:ソニー独自のカンファレンスで発表か?
  • 3月:Game Developers Conferenceで発表か?(過去に開発を発表したのが、このカンファレンスだったので今のところ一番濃厚とされている)

 PlayStation VRを実際に体験した人達の感想

  • VRとしての没入感はOculus RiftよりPlayStation VRのほうが良い。
  • 想像していたよりも、ゲームの世界に入っていく感覚がある。
  • メガネをした状態でも、装着するのに違和感がない。
  • 3Dの感覚はとてもよい。
  • 上下左右360度見ても、切れ目はなく本当にその世界に自分が存在してるような感覚に陥る。
  • とにかく体験してもらわないと、VRの没入感や凄さは伝わらない!

  • 3DCGとはいえ、自分が動いた通りにキャラクターが反応する&360度見わたせる映像というのは、今までのゲームの常識を覆してくれる。

  • 3Dによくある、平面が3Dに配置されてるんじゃなくて、ちゃんと3Dなのがすごいと思う。 今後の酔い対策と画質に期待!
  • とりあえず画質はSDくらい、FPSちょい低め。 上を見ても下を見ても切れ目ないよ。手を差し出されると出したくなる感じ。
  • 確か画素数は押さえてあるので、酔わなかった。あれでライブ見たら凄い。
サマーレッスン

  • ドキっとしてしまうほど、緊張する。
  • 実際にキャラクターに顔を近づけることもできるが、ためらってしまうほどその場にいる感じになる。
  • あちこちを見回してしまうほどのリアリティが素晴らしい!
  • 強烈に印象に残る体験(ファミ通.com)
  • キャラクターが本当にその場にいるよう(電撃プレイステーション)
  • まったく、なんというものを作ってくれたのか(4Gamer.net)
カプコンのホラーデモ【KITCEN】

f:id:reonaworks:20160115115512j:plain

【KITCEN】はバイオハザードなどを手がけたカプコンが作ったデモ。

主人公(自分)はキッチンのイスに座らされており、手首は縛られて体も固定されている状態で始まる。

 

目の前には男が倒れていて、立ち上がると床に落ちている包丁を手に取る。

そして彼は主人公を助けてくれるらしく、その包丁で手首を縛ったヒモを、のこぎりを使うようにギコギコと切りはじめる・・・・といった内容。

 

これを実際にVRで体験すると・・・(動画の2分あたりからかなり怖がってますね・・)

  • 恐ろしいほどの臨場感
  • 目の前に包丁が迫る映像と音の本物感がすごい。怖すぎる。
  • 強烈!の一言
  • 主人公と完全にリンクしていると勘違いしてしまい、操作できない足まで勝手に動いてしまう

 PlayStationVRでは100タイトル以上が開発中

発売前で、実際にハードがどれだけ売れるかも分からない状況で100タイトル以上も開発されているというのは業界がどれだけ注目しているかがわかります。

下記のサイトで、発表されているタイトルが一覧されています。

わかりやすい!

PS4のVRヘッドセット『PSVR』対応ソフト全53タイトル+α まとめ - 都々逸

 

ゲーム以外でのVR活用も面白そう!

YouTubeなどは既に360度動画にも対応していますが、PlayStationVRでもこういったものが楽しめると嬉しいですね。

吉田修平氏が言うには、まずはこの業界が得意としている【ゲームから】どんどん普及いくことになるとのこと。

それから様々な業界に広まりVRを使った色々なコンテンツが生み出されていくことになるようです。

 

ゲーム以外でVRが活用されそうなものにこんなものがあります。

  • 音楽コンテンツ(ライブ映像やミュージックビデオなど)
  • 映画(FPSのような自分視点のものとか面白そう)
  • 旅行映像(実際にその場所へ行った気分にひたれそう)
  • 不動産業界(部屋の内覧など手軽にできたら便利そうですよね)
ニューヨークをお散歩できる動画はこんな感じ

こちらはVR対応ではないがFPSっぽい映画

これ完全VRで見たらスゴイことになりそう・・・

開発者のコメント&公式発言

毎日、自宅で使ってもらえるのがポイントと思っているから、高い値段はつけられない。
まずはPS4を持っている人向けになる。
他社の「VR」とは違い、「PSVR」は、PS4を買えば遊べるのが利点。(伊藤雅康)

 

「ゲーム酔い」を解消するべく注力しているため、改善したソフトが出るのが来年の上半期になる。(伊藤雅康)

mantan-web.jp 

発売済みのゲームタイトルでVR対応というのは出てくると思う。
ただ、VRに向いていないゲームもあります。FPSやアクションアドベンチャーは、FPSの移動スピードが速すぎたりすると「酔い」が出る。(吉田修平)

 

FPSやアクションアドベンチャーなどのジャンルは向き不向きで言いますとそうなります。いちばん簡単なのはレースゲーム。

レースゲーム以外の発売済みタイトルをVR対応させるとなると、根本の部分から変えないと。(吉田修平)

 

www.gamespark.jp

開発は順調です。ハードはほとんど完成しているのですが、システムソフトがまだ作っている部分がありまして。

また、パノラマビデオなどのノンゲームのサービスをどう対応するのか、VRではないコンテンツをPS VRで使えるのかなど、お答えできていない要素があります、このあたりの課題を解決できれば発売日や価格などが発表できるのかなと。(吉田修平)

 

dengekionline.com

 

PlayStationVRは売れる?

ライトユーザーには手が出にくい価格設定にはなりそうですが、開発者の中ではそれでも、かなり売れるんじゃないだろうか?という予想をする人が多いようです。

『MIND: Path to Thalamus』のCarlos Coronado氏:
PSVRは(PS4に限定的な)クローズドVRシステムであり、素晴らしいと思います!VRを動かすハードもユーザーもすでに市場にいるのですからね。リリース時にはより幅広いオーディエンスがつくことでしょう。

Oculus RiftなどのPCを使うVR端末の場合は、かなりスペックの高いものを用意しなければいけません。

その部分だけ比べるとPlayStationVRの場合はPS4を1台購入すれば、手軽に遊べてしまうという利便性はあります。

オールインワンで動作に必要なものが、全て低価格で実装されているのでPCスペックを気にしながらゲームなんて遊びたくない!という人には、絶対にこちらのほうがオススメです。

 

そして、すでにPS4の出荷台数は、世界で3,600万台なので、PlayStationVRだけ購入して遊べるユーザーもかなり多いというのは、普及する力になってくれるはずです。

 

※気になる情報が入り次第随時更新していきます。