ようこそ!こちらガジェット研究会!

最新ガジェットやネットめしを追いかけるブログ!

アマゾンが新型FireTVを発表!AppleTVにはない4K対応&低価格で勝負!

f:id:reonaworks:20150923104848j:plain米Amazonが、テレビに接続するセットトップボックス(STB)製品「Fire TV」の新モデルを発表しました。

前モデルからの進化点は4K出力に対応したところ。

さらに音声アシスタント「Alexa」を搭載し、リモコンに備えるマイクから音声で操作が可能となりました。 

http://japanese.engadget.com/2015/09/18/4k-fire-tv-alexa-h-265-hevc/

 

 

 新 Fire TV 仕様
  • MediaTek 製64 bit クアッドコア CPU
  • 2GB RAM
  • 8GB ストレージ
  • Bluetooth
  • IEEE 802.11 ac WiFi(MIMO 対応)
  • 有線LAN
  • 最大128GB対応のmicroSDカードスロット
  • USB 2.0
  • HDMI 出力
  • 本体大きさ:115 x 115 x 17.8mm
  • 重さ:270g
  • 発売日は10月5日。価格は据え置きの99.99ドル
特徴
  • 前モデルより75%高速化
  • 4K映像の再生が可能
  • Bluetooth ヘッドホンでドルビー バーチャルサラウンドが楽しめる
  • 音声アシスタント「Alexa」
  • ゲームアプリに対応

 

新モデルでは購入してすぐゲームもしたいという人向けに Fire TV 本体にゲームコントローラーとストレージ拡張用 32GB microSD カードをセットにした「Fire TV Gaming Edition」を用意。価格は139.99ドル。

 

f:id:reonaworks:20150923104853j:plain

HDMI スティック製品の「Fire TV Stick」も新モデルが発表されました。

発売日は10月22日。

新機能として音声操作に対応し、Fire TVと同じリモコンが付属する「Fire TV Stick with Voice Remote」は49.99ドル。

標準モデルの「Fire TV Stick」は39.99ドル。

 

ガジェ研七海です!!

シルバーウィーク最終日いかがお過ごしでしょうか!!

私たちは連休中かなり遊び倒したので、今必死にブログ更新してる最中ですww

 

さて今回は、Amazonが新型FireTVを発表という記事ですが、見事なまでにAppleTVにぶつけてきましたねー。

Amazonのこういう闘争心むき出しなとこ嫌いじゃないぞww

 

ほんで仕様を見た感想は、ホントに真っ向勝負って感じですね。

AppleTVは、4Kには非対応なのでここはAmazonさんが勝ってます!

ただ4Kの映像見るには相当な高速回線と4Kテレビが必要で、その回線がある家庭がまだまだ少ないから対応させないよーっていうのがAppleの意見だそうです。

 

まぁ確かにムダに対応させても使う人が少ないなら、もったいないですもんね。

でもまぁ、コアなユーザーからしてみればお金をかけてでもキレイな映像を楽しみたい人はいると思うのでそういう人はFireTV選ぶんでしょうか。

 

あとは音声アシスタントの「Alexa」

これも完全にSiri対抗ですな。

最近の音声認識技術は賢いので、この辺りはあまり差がなさそうです。

 

そして嬉しいのは検索機能。

今までは映像を配信している会社ごとに検索をかけなきゃいけなくて、これが結構めんどくさかったんですが新型AppleTV同様、HuluやNETFLIXの横断検索もできそうなのでこれは結構嬉しい機能です。

 

Amazonのが価格が安い

まぁ、これはスマホにもタブレットにも言えることなんですけど、やっぱりAmazonのほうが価格が安い!!

 

性能が微妙に違うので単純に比べることはできませんが

 

「Apple TV」は140ドルから

「Fire TV」は99ドルからです。

 

しかも「Fire TV」はコントローラーと2本の有料ゲーム、32GバイトのmicroSDカードが付く「Fire TV Gaming Edition」が139.99ドルとここまでついてもまだAppleTVより安い。

AppleTVのリモコンもタッチセンサーでゲームがしやすくなっているとは思いますが、コアゲーマーはやはり物理コントローラーが標準でついてくるFireTVのほうがいいかなぁーって。

しかもFireTVのほうはストレージがmicroSDに対応してるから拡張性も高いんだよなー。

 

結局どちらを選ぶかは、アプリ次第かなー

映画も見れるし、アプリをインストールしてゲームもできる!

やれることは似たようなこの2つですが、結局は自分がどっちのアプリを選ぶかですね。

 

映像配信を楽しむだけで、4Kにこだわらないならどっちでもいいような気がします。(むしろ旧機種で十分だ!)

あとはやりたいゲームとかアプリがどちらに多くあるのかってところが問題ですね。

 

でもさー!冷静に考えてスマホでやるゲームをわざわざテレビで遊ぶかなー??っていうね!

 

ただ画面を大きくするんじゃなくて、WiiUみたいに大画面とスマホを連動させて遊べるアプリがでてこないと、あんまり意味ないんじゃないかなーっと思うわけですよ。

だってみんなスマホ持ってるんだから、そこ活用しないと面白くないでしょうよ!

Appleも任天堂つぶしにかかってるんなら、自社でおもしろいゲームだして欲しいですよね!!

 

おしまい!(゚∀゚)