読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ!こちらガジェット研究会!

最新ガジェットやネットめしを追いかけるブログ!

BeatsXとAirPodsの違いを徹底比較!使って分かったそれぞれの特徴

f:id:reonaworks:20170214154101p:plain

こんにちは、ガジェット研究会です。

今回は気になっている人も多いであろう、BeatsXとAirPodsの比較でございます!

iPhone7にしたけど最適なワイヤレスイヤホンで悩んでいる!という方の参考になれば嬉しいなーっと思います。

てことで早速見ていきましょう。

BeatsXとAirPodsの大まかな違いってなに?

f:id:reonaworks:20170214151301j:plain

実はどちらも開発しているのは同じ会社で(Beatsはアップルの傘下だからね)ワイヤレスのBluetoothイヤホンというのも同じです。

新しく発売されたBeatsXには首にかけられるよう【ワイヤー】とリモコンがあるので、単体でも色んな操作ができるようになっています。

またワイヤーがあるので、もし耳からイヤホンが外れてしまっても落下するのを防げるのも特徴です。

バッテリーはどれくらい持つのか?

f:id:reonaworks:20170214151427p:plain

ワイヤレスイヤホンで重要なのが【バッテリーの持続時間】ですよね。

これはどちらも優秀なので1日1回の充電で、だいたいの人の使い方ならカバーできると思います。

【AirPods】

  • 単体なら5時間ケース併用なら24時間以上使用できる。
  • 15分の充電で3時間再生可能。

【BeatsX】

  • 単体で8時間。
  • 5分の充電で2時間再生可能(Lightningケーブルで充電)

 通勤や通学で使うくらいならどちらでも問題ないですよね。

AirPodsはケースさえ充電できていれば24時間以上使えるというのは、かなり魅力的です。

BeatsXは「たった5分の充電で2時間再生できる!」とこがスゴイですよね。

モバイルバッテリーさえ持ち歩いていれば、全く問題ありません。

イヤホンのタイプや重さは?

【AirPods】

f:id:reonaworks:20170214151703p:plain

  • 片耳4g(両耳8g)ケースを含めると46g
  • 音漏れが気になる「インナーイヤー型」
  • 防汗・防沫じゃない。
  • ワイヤレスでつけているのを忘れるくらい快適。

 【BeatsX】

f:id:reonaworks:20170214151614p:plain

  • 21g
  • 密閉性の高い「カナル型」
  • 防汗・防沫じゃない
  • ケーブルの長さの調節はできない。
  • イヤーピースの部分が、マグネットでくっつくギミックあり。
  • ウイングとイヤーチップで安定感はある。コードは存在感あり。

重さを比べると両方とも軽いので、持ち運びは気になりません。

実際に使ってみると意外にもAirPodsのほうが、耳から外れにくいです!

BeatsXはカナル型なので一見外れにくそうですが、ランニングなど動きが激しいとワイヤーの重さでもっていかれます。

ワイヤーがあるので安心感はあるけど、外れやすくなっているのが本末転倒というか微妙なとこですね。

個人的にはAirPodsのほうが開放感があって快適です。

操作のしやすさ・できること

【AirPods】

f:id:reonaworks:20170214172857j:plain

  • イヤホン単体では、再生と停止の操作しかできない。
  • 音量調節はiPhoneで行う必要がある。
  • Siriは起動できるので、音声での操作は可能。

 【BeatsX】

f:id:reonaworks:20170214152013p:plain

  • ボタンの押す回数でだいたいの操作ができる。
  • 1回⇨再生/停止 2回⇨次の曲 3回⇨前の曲
  • 2回+長押し⇨早送り 3回+長押し⇨早戻し

できることの多さはBeatsXのほうが、圧倒的に多い。

そりゃ物理ボタンが搭載されているので、当たり前ですけどね。

ちなみにAppleWatchを持っていれば、AirPodsでも色んな操作ができるようになります。(もちろんBeatsXもできる)

電源のオンオフはAirPodsが分かりやすくて快適!

充電すればすぐに使えるので、そこまで問題じゃないですが電源のオン・オフはAirPodsのほうが圧倒的にわかりやすいです。

【AirPods】

  • ケースから取り出せば「オン」
  • ケースにしまえば「オフ」

【BeatsX】

  • リモコン1秒長押しでオンオフ
  • LEDのインジケータが光っているかどうかで判断。
  • ぱっと見、電源がどうなっているのか?わからない。

iPhoneの画面を見ればBluetoothの接続がされているかどうかは、一目瞭然ですがAirPodsのほうが何も考えずに使えるので快適だと思いました。

しかもボタン操作が何も必要ないので、使い始める時もスマートですよね。

音量や音質はどうなのか?

f:id:reonaworks:20170214152739p:plain

【AirPods】

  • BeatsXと比べると音量が小さく感じる。
  • 軽めでクリア、重低音は弱め。
  • 環境音も聞こえやすいし、音漏れしやすい。

【BeatsX】

  • 高音が強めで派手な感じ。EDMとか聴くにはいいかも。
  • 外の音はほとんど聞こえない。
  • 音楽に集中できる。

音質は個人の好みなので、なんとも言えないですがBeatsXのほうが派手ですね。

またBeatsXはカナル型なので、遮音性がたかく音楽に集中できるのもいい感じ。

ただし外で使うと周りの環境音が聴こえにくいので、ちょっと危ないかもしれません。

 

AirPodsはインナーイヤー型という特性上、どうしても音漏れしやすいので電車の中などで使う時は注意が必要です。

逆にオフィスで使う時なんかは、周りの人の声も聴こえるので便利かもしれませんね。

 

まとめ

結局どっちを買うかは好みしだい!

個人的にはやっぱりAirPodsのほうが快適で使いやすいと感じました。

「耳に入れたら音楽をすぐに楽しめる!」っていうのは偉大ですよ。

 

BeatsXはリモコンで色々できて便利なんですが、iPhoneが手元にあれば正直いらないなーって感じです。

充電する時もLightningケーブルを挿すので、見た目もグチャグチャですしねw

 

でもやっぱりAirPodsを耳に着けてる感じは「うどん」にしか見えないので、デザイン的にはBeatsXのほうが好みですw

まぁ使い勝手と快適さで選ぶなら絶対にAirPodsがオススメですけどね

 【追記】

肝心の価格を書くの忘れてましたw

AirPods⇨¥16,800(税別)

BeatsX⇨¥14,800(税別)

となっています。

BeatsXはカラバリが4色あって、グレイ、ホワイト、ブルー、ブラックから選べるのも悩むポイントですね。

ちなみに2017年2月14日現在ですが、AirPodsが6週間待ちBeatsXは2-3週間待ちとなっているので、BeatsXのほうが手に入りやすい状況となっています。

AirPods MMEF2J/A

AirPods MMEF2J/A