読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ!こちらガジェット研究会!

最新ガジェットやネットめしを追いかけるブログ!

決算発表からみるAppleの未来

国華園 りんご 青森産 お楽しみ赤りんご 10kg1組

こんにちは、ガジェット研究会、冬乃です。

 

Appleが、2015年第4四半期(7〜9月期)のを決算を発表しましたね。

 

純利益が約1兆3,400億円、売上高は前期比22%増純利益は前期比31%増と好調な数字をキープしているようです。

 

Apple製品の販売数と売上高

 

  • iPhone:販売台数(22%増)、売上高(36%増)
  • iPad:販売台数(20%減)、売上高(20%減)
  • Mac:販売台数(3%増)、売上高(4%増)
  • サービス:売上高(12%増)
  • その他:(49%増)

 こうやって見てみると、iPhoneの売上が22%も伸びているのに驚きです。

まーだ売れるのか!って感じですよね。

そしてiPad だけ唯一減少しています・・・

これは完全にiPhoneが大きくなったからでしょうね。

 

ちなみにiPhoneは初動売上が良かったのが、売上アップの原因だと思われます。

 

初動販売台数という数字に騙されてはいけない・・

iPhoneは2014年が1000万台で、2015年が1300万台売れたということですが、これはたぶん第一販売地域に【中国】が入っていたからです。

Apple 2015 iPhone 6s SIMフリー 128GB ローズゴールド【米国版SIMフリー】 (128GB, ローズゴールド)

2014年までは、中国は発売と同時に販売されていなかったため、多くの売上があっても初動ではカウントされてなかったんですよね。

 

そして今年は、最初から販売されるということで、かなりの販売数を確保できたんだと思います。(単純に人口が多いですから)

 

それを考えると、実はiPhoneのトータル販売数は下がってきてるんじゃないかなーっていう想像ができるんですよね。

 

iPhone6sが売り切れ続出でなかなか買えないって話もあんまり聞かないので、やはり日本ではそこまで売れてないんじゃないかと思います。

 

それと、これは国内でのお話なんですが、スマホの販売台数は2016年か2017年に頭打ちになるそうです。

それ以降は、横ばいか緩やかに減少傾向だそう。

 

日本では、少子化の問題もありますけど、それよりもほとんどの人にスマホが行き渡っただけなんだと思います。

 

だいたいの人は2年ぐらいでスマホを買い換えると思いますが、よくよく考えたら結構すごいことだと思いませんか?

 

1台10万円近くもする製品を2年ごとに買い換えてるんですよ!

 

しかも大多数の人が。

分割で購入しているから、手軽な感じがしますけど実際は超高級品ですからねw

 

そして今までは、スペックがどんどん向上して目に見える進化がありましたが、ここ最近は新製品が出ても、そこまで感動はないですよね。

(正直3Dタッチもいらない気がするw)

 

正直、2年前のスマホでも日常生活で使うぶんには何も困らないはずです。

 

そして、ユーザー側も

「新しいの出たけど、まだ壊れてないし、まだいいや」

ってなってきてるんだと思います。

 

でもね、これが正しいんです。

 

まわりの人が買うから、新しいのを買う!っていうのも、なんか違う気がするし・・

 

ということは、iPhoneの販売数もここから先は、なにか革新的なスペックアップがない以上は販売数が増加するっていうことは考えにくい。

というか、日本では確実に減っていくと思います。

 

iPadの売上も、iPhoneの画面大型化で売上が減っているし、しかも見事にiPhoneがアップした分だけ、ダウンしてますしね。

 

AppleWatchやAppleミュージックを投入したおかげで、サービス料やアプリの売上で全体的にはいい感じに見えますが、Appleはここからが勝負な気がします。

 

いろんなモノに手を出し始めると、やばそうな雰囲気もありますが、Apple信者としては、ずっとシンプルでカッコイイアップルでいてほしいな。

 

ホントに個人的な意見だけど、デバイス増やしすぎだと思うんだよなー・・・Apple・・・・・

 

スティーブ・ジョブズ(4)

スティーブ・ジョブズ(4)