ようこそ!こちらガジェット研究会!

最新ガジェットやネットめしを追いかけるブログ!

誰でもできる!活字が苦手でも毎月50冊以上の本をカンタンに読む方法

f:id:reonaworks:20151111152909j:plainだんだんと寒くなってきましたが、風邪などひいてないでしょうか?

ガジェット研究会のミニマリストこと楓です^ ^
 

 

えっと、わたしの趣味に読書があるんですが毎月平均で60冊くらい読んでます。
読書家の人に言わせれば少ないと言われるかもしれませんが、おそらく一般的には多いほうだと思います。
 
1日平均で、だいたい2冊くらい読んでいる計算ですね。
活字が苦手な人からすると、もしかしたらトンデモナイ数字かもしれませんが実は誰でも月50冊以上読める方法があるので今回はそのやり方を紹介したいと思います。
 

 

今日から実践できる!本を大量に頭に叩き込む方法

 
いきなりですけど結論を教えますね(*'-'*)
 
その方法とは、ズバリ本を聴くこと。
 
え?っと思った方もいるかもしれませんが目で読む のではなくて、耳で聴くんです!
 
この方法なら歩きながらでも、満員電車でも、運動しながらでも本を読むことができます。
 
ね!カンタンでしょ?!
 
この方法なら一般的なビジネス書だと倍速で聴けば1時間くらいで内容が把握できます!
 
本を聴くためのアプリやサイトを活用すれば誰でもできる
本を聴くといっても、そのためには朗読してもらわないといけないですよね。
でも、あなたの手元にある(であろうw)スマホを使えばカンタンにできます。
 
ここからは、本を聴くためのオススメサイトやアプリを紹介していきますね。
 
 

febe

f:id:reonaworks:20151111140413p:plain
オーディオブック配信サービス - FeBe(フィービー)

 【本を耳で聴く】 日本最大のオーディオブック配信サービス「FeBe」 『半沢直樹』『もしドラ』『7つの習慣』等の人気作品をはじめ、小説、ビジネス書、自己啓発、名作文学など1万冊以上の「聴ける本」を配信しております。

ここは日本でのオーディオブックのパイオニアと言ってもいいですね。
社長の上田渉さんが、日本でのオーディオブック普及を目指して立ち上げた会社です。
 
本の読み上げも声優さんやプロのナレーターさんが担当されているので聴きやすさは折り紙つき。
 
一冊の価格は、通常の本と同じくらいですがチケットシステムを使えば少し安くで購入することができます。
 
昔からオーディオブックはテープの時代から存在するようですが、高価なサービスだったようで日本ではあまり普及していません。
車社会のアメリカではオーディオブックを聞く文化が広がってるというのは聞いたことがありますが、結構メジャーなメディアみたいですね。
 
もちろん本をわざわざ読んで音声で収録しなおすんだから値段は高くて当たり前ですよね!
 
でもネット配信や録音設備が安価になったのをキッカケに(たぶんね)安く提供できるようになったんだと思います。(あとは上田さんの熱意!)
 
わたしもfebeはもう3年くらい利用させてもらってるんですが、クオリティはナンバーワンだと思います。
 
サイトでオーディオブックを購入して専用のアプリで聴くというスタイル。
再生スピードも通常から2倍速まで調整が可能です。
 
慣れてくると2倍でも遅く感じるので3倍まで対応してもらえると嬉しいですね!
オーディオブック再生アプリ - KikuPlayer

オーディオブック再生アプリ - KikuPlayer

  • OTOBANK Inc.
  • 仕事効率化
  • 無料

※追記

Febeは最近あたらしいアプリがリリースされたようで、4倍速まで対応したようです!

素晴らしい!!

 しかもアイコンのデザインも可愛くなってていいですね。

今までの【kiku Player】って名前ですでに、ダサかったですからね(笑)

FeBe - オーディオブックアプリ

FeBe - オーディオブックアプリ

  • OTOBANK Inc.
  • ブック
  • 無料

 

 

 

ヨミPo

f:id:reonaworks:20151111141317p:plain
電子書籍YOMiPO | フォレスト出版の尖ったコンテンツをいつでもどこでも読める電子書籍サービス

 

これはフォレスト出版がやっている電子書籍とオーディオブックの読み放題サービスです。
月額1,480円 で利用可能。
期間限定ですが、14,800円で年会員になることもできます(現在は募集してないようです)
 
わたしは電子書籍とオーディオブックが読み放題だったので、年会員に申し込んで今も利用しています。
 
ただ読み放題といっても、そこまで数がないんですよねぇ
わたしの場合興味のある本は全部読んでしまったので、もう解約してもいいかなーって考えてます。
 
もちろん毎月新刊が追加が追加されるんですが、6冊程度しか増えない上に興味のない分野のものが多いので、たくさん読む人には、うーん・・って感じですね。
 
最初の頃は、新刊もたくさん追加されてたんですが最近は勢いがなくなっちゃったなぁと感じます。
 
ただフォレスト出版に好きな著者さんがいるっていう方にはオススメですね!
 
月額で試してみて、気になる書籍をある程度読んだら退会する形でも十分もとはとれると思います。というか絶対とれます!
 
書籍一冊分の値段で相当な数の本が読めるので、ビジネス書が好きな方にはとってもいいサービスだと思いますよ。
 
それとこのサービスの良い点は、オーディオブックも用意されてるんですが普通の電子書籍も合成音声で本を読み上げてくれる機能があるんですよ!
 
これを初めて使った時は感動しましたね!
 
しかも倍速で聴く場合は、人間が読み上げてくれるものよりも機械的な合成音声のほうが聞き取りやすいっていうメリットもあります(これは個人差もあるかもしれませんが・・)
 
ちなみに、こちらも専用のアプリが配信されているので使い勝手はなかなか良いですね。

 

YOMiPO

YOMiPO

  • FOREST, Publishing Co.,Ltd.
  • ブック
  • 無料

 

Audible

f:id:reonaworks:20151111143421p:plain
Audible。それは本やオーディオエンターテインメントをアプリで自由に聴くアマゾンの新しいサービス

Audibleはアマゾングループが提供するオーディオブックのサービスですね。

確か今年からサービスが開始されたはずです。

 

月額1,500円で好きなだけ聴けるというなんとも太っ腹なサービスです。

 

20以上のジャンルの数千タイトルの中から選べるということで、さすがはアマゾンが提供するサービスだけはあるなって印象ですね。

わたしも今まで使ってなかったんですけど、ブログ記事にしようと思って1ヶ月の無料体験を今試してる最中です!

率直な感想としては、『かなりいい!』と思います。

一冊のデータ量も抑えめで音質もそこそこいいし、アプリも使いやすいですね。

始まって間もないサービスの割には、タイトルの数も多いし何よりアマゾンがやっているっていう安心感があります。

 

ただやっぱり課題は”これからどれだけ書籍の数が増えていくか”にかかってる!

 

日本じゃオーディオブックなんて聴いてる人なんてほとんどいないですからねー。

あまりにも普及しなかったら、急にサービス終了なんてこともあるかもしれません。

 

でも1,500円でこれだけ色々試せるなら、全然安いと思います。オススメ!

 

Audible (オーディブル) - 本を聴こう

Audible (オーディブル) - 本を聴こう

  • Audible, Inc.
  • ブック
  • 無料

 

Kindle

そして今回、紹介する目玉アプリがこのKindleです!
KindleってあのKindleですよ!
 
実はKindleのiPhoneアプリって読み上げやってくれるんですよ!
 
わたしもずっとKindleに読み上げ機能があったら最強なのになぁって思ってたら、最初から搭載されてたんですよね(笑)
 
しかもKindleじゃなくてiPhoneに標準装備されてるんです!
わたし自身も半年くらい前まで知らなかったんですけど、それからはこの機能を活用しまくってます。
 
それでは、やり方をカンタンに説明しますね!
 
1:まずは普通にKindleを立ち上げて読みたい本を選択します。
2:そしたら画面の上部から下に向けて指2本でスワイプしてください。
(ちょっとコツがいるので、最初のうちはうまくできないかも)

f:id:reonaworks:20151111150231p:plain

3:たったこれだけで、iPhoneが書籍の内容を読み上げてくれます。

f:id:reonaworks:20151111150333p:plain

亀ボタンで低速に、うさぎボタンをタッチすることで高速になっていきます。

 

ちなみにこの機能はKindleだけじゃなく、PDFやWebの文章も読み上げてくれるので画面を見れない時に結構使えますよ!

 

PDFはまだ余計な文字列が少ないので、聴きやすいですけどWebの文章だと広告の文字列まで読み上げてしまったりするので実用性は低めですね。

 

でもKindleならば、かなり使える機能なので気軽にオーディオブックを試してみたい方は手持ちの本で試してみるといいかもしれないですね。

 

 

あとこの機能の弱点なんですが・・・・挿し絵がはいると読み上げが止まります(笑)

 

iOS9にアップデートしたら改善してくれるかなーって期待したんですけど変わってないですね・・・

この点がちょっとめんどくさいんです!!

特に挿し絵が頻繁に入るような本だと、止まる度にスワイプ操作が必要になるので少しイライラしますね。

 

それともちろん、漫画は読み上げてくれないのできをつけてくださいね!

漫画はシッカリ絵と一緒に楽しみましょう!

 

雑誌に関しては、たまーに読み上げに対応してるものもあります(OCRってやつに対応してるやつ?)が基本的には文字中心の本の機能として使うのが現実的ですね。

 

ということで意外と知られていないKindle活用法でした。

これを使えばオーディオブック化されてない本も、Kindle版でリリースされていれば聴いて学ぶことができるので、本当にたくさんの本を読むことができますよ!

本気でこれはオススメです!

この方法を使えば一ヶ月60冊とか余裕で読めます(笑)

 

しかもオーディオブックなら何度も繰り返しで聴いても、そこまで苦にならないので勉強として何かのテキストを記憶するのにも向いてますよ!

 

【おしまい】

 

あの声優が読むあの名作

あの声優が読むあの名作