読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ!こちらガジェット研究会!

最新ガジェットやネットめしを追いかけるブログ!

え?知らないの?iPhone7のポイントを箇条書きでおさらい!

f:id:reonaworks:20160917203445j:plain

今年も新型のiPhone7が発売になりましたね!

 

今回はこれからiPhone7を買おうかなぁ?と悩んでいる人のために、追加された新機能やどのモデルを選べばいいのか?などをカンタンに解説していきます!

 

 

iPhone7で知っておくべきポイントはコレ!

【その1】カメラが大幅にアップデート!

f:id:reonaworks:20160917201607j:plain

【iPhone7,7Plus共通】

  • レンズが明るくなり夜間での撮影もさらにキレイ。
  • 7,7Plusの両方とも光学手ブレ補正に対応。
  • 1,200万画素でさらに高画質。
  • FaceTimeカメラ(内側のカメラ)はF2.2の700万画素になり自動手ぶれ補正、人体検出ができるようになった。

【7Plusのみの機能】

  • iPhone 7 PlusはF1.8の広角と、F2.8の望遠2つのレンズを搭載。
  • ボケ味のある本格的な写真も撮影可能。(一眼レフっぽいのが撮れる)
  • iPhone 7 Plusは 2倍光学ズーム、最大10倍デジタルズーム撮影ができる。
  • 動画の場合は、2倍光学ズーム、最大6倍デジタルズーム

 

こちらがiPhone7で撮影されたサンプル画像6枚!!

f:id:reonaworks:20160917201700j:plain

f:id:reonaworks:20160917201704j:plain

f:id:reonaworks:20160917201709j:plain

f:id:reonaworks:20160917201713j:plain

f:id:reonaworks:20160917201719j:plain

f:id:reonaworks:20160917201723j:plain

全部めっちゃキレイ!!(iPhone発売される度に言ってるけどw)

【その2】ついにiPhoneが水に強くなった!&壊さないための知っておくべきポイント

f:id:reonaworks:20160917202116p:plain

  • iPhone 7&7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能に対応。
  • スペック的には30分間、水に浸けておいても平気。
  • 注意したいのは、あくまで耐水ということ。
  • iPhoneが濡れている場合は充電しちゃダメ!(最低5時間は充電をさける)
  • もちろんSIMの差し替えもダメ!
  • 水に濡れちゃうと保証の対象外になるので注意。
  • 泳いだり入浴したりは推奨されていない。
  • 水圧が強かったり流速が大きい水はかけない。
  • サウナなどで使わない。
  • わざと水にひたさない。
  • 推奨される温度範囲(0°〜35°C)外または湿度が非常に高い環境での操作はさける。

【その3】iPhoneがお財布携帯になる!(FeliCaは日本国内モデルのみ対応)

f:id:reonaworks:20160917202758p:plain

  • Suicaに対応。電車やバスに乗ったりiD、QUICPayの店舗でお買い物ができる
  • ただしPASMOは使えないので、パスモの定期券は搭載できない。
  • ANAスキップサービスにも対応。iPhoneで飛行機にも乗れる!
  • グローバルモデルのiPhoneやApple WatchにはFeliCaは搭載されていないので注意。
  • 国内でのFeliCa対応は10月下旬の予定。
  • 現在対応していない電子マネーも今後拡大する可能性あり。

【その4】オーディオ関係のメリット&デメリット

【スピーカー】

  • スピーカーが上部1箇所、下部2箇所に増え最大音量が2倍に。
  • 横持ちにした場合、ステレオスピーカーになる。
  • スピーカーの音量が大きくなり、音楽再生や通話スピーカーとしては便利。
  • 日本国内版はシャッター音が消せないので、これまで以上に音が大きく目立つ。
  • 対策としては、LivePhotoモードで撮影すれば【カシャ】ではなく【ピポ!】なので少しマシ(ただし、画像の容量は増える)

【イヤホン関係】

  • 3.5mmイヤホンジャックが廃止されたので、イヤホンを使いながら充電ができない。
  • iPhone 7、7 Plusに付属の「EarPods」はLightningに直接さして使用可能。
  • 「EarPods with Lightning Connector」はなかなかクオリティが高い。
  • Lightningコネクタを3.5mmイヤホンジャックに変換できるコネクタが付属。
  • 変換コネクタ経由の音質は、かなり悪い。
  • 完全ワイヤレスのアップル純正イヤホン「AirPods」が10月下旬に16,800円で発売。

その他の気になる特徴と注意点

f:id:reonaworks:20160917202344p:plain

  • 光沢のあるジェットブラック、マットタイプのブラックが新色として追加(全5色)
  • 人気のジェットブラックは指紋や傷がつきやすいので注意(Appleもケースを推奨)
  • 6シリーズで不評だった「Dライン」がなくなり、デザインがスッキリした。
  • ホームボタンが物理タイプからタッチ式に変更(故障しにくくなった)
  • ただし、新型ホームボタンは手袋越しでは操作できない。
  • 「Retina HD ディスプレイ」は25%明るくなり、見やすくなった。
  • ネットワークも強化され、iPhone 6と比べて3倍速い、最大450Mbpsの速度を誇るLTE-Advancedが搭載。
  • プロセッサはiPhone6より2倍速くなり、グラフィックスの処理は最大3倍高速化。
  • ストレージに256GB版が登場。(32GB,128GB,256GBの3タイプ)
  • iOS10でデフォルトアプリを非表示にできるようになった。

 まとめ

最大のポイントは・・・

 

おさいふ携帯対応!

イヤホンジャック廃止!

水に強くなった!!

 

これだけ理解しとけばオッケー!!(みんな知ってる)

 あとは自分が必要だと思うなら買えばいいと思う!

 

ちなみに来年はiPhone10周年なので大幅アップデートの可能性あり!

あと1年待つかどうかはアナタ次第です!