読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ!こちらガジェット研究会!

最新ガジェットやネットめしを追いかけるブログ!

【2015】新型iMac3種類&バッテリー対応の「Magic Trackpad 2」などを発表!

f:id:reonaworks:20151014105720j:plainこんにちは!ガジェット研究会、七海です!

最近、ずっと噂されていた新型のiMacが発表されたのでお知らせです!!

アップデートが発表されたiMacは3種類!

  • 「iMac(21.5インチ)」
    126,800円~148,800円(税別)
  • 「iMac(21.5インチ)Retina 4K ディスプレイモデル」
    172,800円(税別)
  • 「iMac(27インチ)Retina 5Kディスプレイモデル」
    208,800円~258,800円(税別)

なお、27インチモデルには、第6世代Coreプロセッサが、21.5インチモデル/21.5インチ 4Kモデルには第5世代Coreプロセッサが搭載されています。

 

全ての機種ともアップルのウェブサイトより購入可能となっています。

Mac - Apple(日本)

 

「Magic Keyboard」「Magic Trackpad 2」「Magic Mouse 2」も新しくなった!

f:id:reonaworks:20151014105422p:plain

新型iMacに同梱される、キーボードやマウスも新たなモノに変わっているようです。

「Magic Keyboard」:11,800円(税別)

f:id:reonaworks:20151014105844p:plain

安定性を良くするために再設計され、より低いアングルのフォルムになりました。正確な入力が簡単にできます。

もともと、アップルのキーボードって打ち心地がかなり良いんですが、最適化され、さらに打ちやすくなったそうです。

そして、乾電池式ではなく待望のバッテリーを搭載してきました!

アップルによると一回の充電で一ヶ月以上動くということなので(1回の使用時間は謎ですがww)わずらわしい、電池交換からやっと開放されます。

 

「Magic Mouse 2」:9,500円(税別)

f:id:reonaworks:20151014105909p:plain

Multi-Touchマウスが新しいデザインに。剛性感があり、デスクの上をよりスムーズに滑ります。さらなる質の高さを感じられる作りです。

Magic Mouse 2も充電式に変わっているようです。

私自身は、このマウスは使ったことないんですが、アップルのサイトを見た限りでは充電式になったのとデザインが変わったくらいのようです。

でも電池式じゃなくなったのは、本当に大きいんです!既存のユーザーならこの素晴らしさがわかってくれるはず!

 

「Magic Trackpad 2」:14,800円(税別)

f:id:reonaworks:20151014105919p:plain

少し深く押す操作を感知する、感圧タッチテクノロジーを搭載

一段と大きくなった表面で、一段と多くのことができるようになりました。クリックする場所は問いません。

もはや、Macを使う上で、このデバイスは必要不可欠です。

Macって一応マウスだけで使うのも別に支障はないんですけど、Magic Trackpad があるのとないのとでは快適さが段違いですからね。

 

ちなみに、こちらも充電式に変更となりました。

しかも、デスクトップPCではじめて、感圧タッチが使えるようになったとのこと。

キーボードと同じく、一度の充電で一ヶ月以上駆動。

 

まとめ

ウワサされていた通り、新型iMacが発表されましたけど、アップルが4Kに本気で対応してきた感じがありますね。

iMoveiも4Kの編集に対応してきたので、これからは少しずつ世間も4Kに流れていくんじゃないかと。

 

ただ、まだまだ4K動画を快適に編集できるかというと、MacProとかじゃないとキツイのかなーって思いますね。

編集も重たくてカクカク・・・書き出しもめっちゃ時間がかかる・・・となるとまだ早いかなぁっとww

 

まぁ個人的にはiMacの4K対応より、入力デバイスのバッテリー対応が一番嬉しいですね!

Macユーザーの方なら、わかると思うんですけど、Magic Trackpadやキーボードの電池交換って結構(いやかなり・・)めんどくさいんですよ。

電池はエネループとか使えば経済的には問題ないんですけど、とにかく交換がめんどくさい!!

ヤル気満々でMacに向かって「あ、あれ??電池ないじゃん・・・・」ってなるとヤル気しぼんじゃいますからww

 

充電タイプなら、本体から直接給電もできるし、なによりスマートなのがいいですね。

エネループなんかも地味に管理大変ですからねー。

発表としての派手さはないけど、バッテリー対応を心待ちにしてたユーザーは多いはず!!

 

ただ、しかぁあし!!

本体側の充電端子が何と!!な、何と!!Lightningを採用!!!

 

なんてこったww

まさか、Lightningを採用してくるとはなー!!!そこはUSB-Cにしとけよぉおおお!!!

 

この製品にまでLightningを搭載してくるってことは、iPhone7でUSB-Cが採用される可能性はかなり下がったような気がします・・・いやぁLightningだろうなぁ・・・

 

 

ま!それは仕方ないとしても、相変わらず強気な価格設定はさすがアップルですねww

マウス1個で1万円とか、高級すぎるだろ・・・・(TдT)