読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ!こちらガジェット研究会!

最新ガジェットやネットめしを追いかけるブログ!

ソニーがオススメするPSVR対応ヘッドホンとは?

SONY VR ゲーム ガジェット 比較

f:id:reonaworks:20160830095631j:plain

こんにちは。ガジェット研究会です。

 

VRは360度の映像によってプレイヤー自身がゲームの世界を体感できるもの。

 

もちろん映像の美しさや立体感などが重要なわけですが臨場感をアップさせるために、とても重要なのが【音】です。

 

ということで今回はPlayStationVRに最適で比較的、手に入れやすい価格のヘッドホンを探してみました!

 

 

絶対にヘッドホンは必須なのか?

正解を言うと絶対必須というわけじゃありません。

 

実際に体験会でプレイした「The Playroom」ではヘッドホンは使いませんでした。

 

このゲームは一人で楽しむというより、他のプレーヤーと楽しめるタイプのゲームなのでそういう場合は、むしろないほうが楽しいです。

f:id:reonaworks:20160830101020p:plain

 

ただVRはゲームの世界に没入して楽しむのが基本です。

 

シリアスなゲームの場合、外部の雑音が入ったり音に立体感がないと「そこにいる感」は半減してしまいます。

 

そのためPSVRも3Dサウンドの出力に対応しているんです。

 

PSVR本体にもイヤホンが付属しているので、それを使っても全然オッケー。

 

ですが、没入感をアップさせたいならヘッドホンは必須です。

 

やっぱり音の厚さや遮音性はどうしても安価なイヤホンよりは質が良いですからね。

 

PSVRに最適なヘッドホンのポイント

「よっしゃ!VRやるならヘッドホンやな!買うで!!」

と意気込んでいる人は落ち着いてください。

 

ヘッドホンによってはVRには適さないものもあるので注意して選んでくださいね。

ポイントとして次のようなものがあります。

 

  • ワイヤレスタイプ(Bluetoothとか)はダメ
  • 大きすぎたり重いヘッドホンはおススメしない
  • 締め付けのキツイのもダメ
  • サラウンドヘッドホンもダメ

 ワイヤレスはダメ

ワイヤレスサラウンドヘッドセット

最近では使っている人も多いBluetoothヘッドホンですが、VRにはあまりオススメできません。

 

そもそも3DサウンドはPSVRのリンクボックスから出力されるので、ワイヤレスだとうまく出力されません。

 

そのため有線接続が必須となります。

 

Bluetoothヘッドホンでも有線接続できるタイプなら問題ありません。

ただそういうタイプの製品は少ないので購入する場合は注意が必要です。

 

ヘッドホンの大きさ、重さ、締め付け具合も重要

まず大きさ。

これは小さめのほうがPSVRには向いていると思います。

 

イヤーパッドが大きいものでもいいんですが、PSVRの場合後頭部のバンドと干渉する場合があります。

 

下の画像の人はギリギリ当たっていませんが、HMDの調節しだいでは干渉してしまう人もいるでしょうね。

 

HMDもヘッドホンも最適な位置にフィットしていないと没入感がなくなってしまうので、あまり大きすぎるヘッドホンは避けたほうが良さそう。

f:id:reonaworks:20160830103508p:plain

重さと締め付けに関しては、プレイ時間によると思います。

 

VRをぶっ続けで何時間もプレイするのは、あまり推奨はされていませんがゲーマーだと関係ないですよねw

 

なので長時間プレイするなら重さと締め付けは、どちらも軽いほうがいいでしょう。

 

締め付けに関しては、数分使っただけだとわかりづらいです。

 

正直締めつけがキツイ、ヘッドホンだと本当に耳が痛くなるので気になる場合はレビューなどを見てしっかり検討してみてください。

 

サラウンドヘッドホンのほうがいいんじゃないの?

f:id:reonaworks:20160830104823j:plain

高価なヘッドホンの場合だとサラウンド機能で臨場感のある音を楽しめるものがあります。

 

ですがPSVRには不向きです。

 

PSVRはプロセッサユニットによって最適な3Dサウンドに変換してくれます。

 

ですが、サラウンドヘッドホンを使うせっかく最適化された3Dサウンドをさらに、サラウンド変換してしまいます。

 

そうなるVR用の音声を十分に楽しめなくなってしまうんですね。

 

なのでPSVRにはサラウンド機能のないステレオヘッドホンが良いということになります。

 

ソニーが体験会で使用しているヘッドホン

それじゃ、PSVRに最適なヘッドホンってどれなの?

 

ということで、実際に体験会で使用されたヘッドホンを調べてみました。

 

体験会は製品の良さを知ってもらう場なので、ソニーオススメのものだと思われます。

 

MDR-7506

f:id:reonaworks:20160830105445p:plain

こちらは東京ゲームショウ2015で使用されていたもの。

 

ソニーの折りたたみ式の業務用モニターヘッドホンです。

 

よくアーティストがMVなんかで使っている900STの兄弟モデルですね。

音色も柔らかで膨らみのある低音が特徴とされています。

 

また業務用のヘッドホンですが、アマゾンなどで購入できます。

 価格も12,000円前後と業務用の割にはそこまで高くないのも良いですよね。

SONY ステレオヘッドホン MDR-7506

SONY ステレオヘッドホン MDR-7506

 

 MDR-10RNC

f:id:reonaworks:20160830110350j:plain

こちらはデジタルノイズキャンセリングを搭載したタイプです。

ハイレゾ音源にも対応。

 

軽量で耳障りのよいイヤーパッドにより長時間リスニングも快適だそう。

 

長時間プレイするユーザーにはよさそうですね。

SONY 密閉型ノイズキャンセリングヘッドホン リモコン・マイク付 MDR-10RNC

SONY 密閉型ノイズキャンセリングヘッドホン リモコン・マイク付 MDR-10RNC

 

 

MDR-10RC

f:id:reonaworks:20160830110818j:plain

こちらは【E3】の体験会で使用されたモデルです。

 

上で紹介したものと、ほぼ同じ形をしていますがこちらはノイズキャンセリングがないタイプです。

 

静かな部屋でプレイするならノイズキャンセルは必要ないと思うのでこちらのモデルでも十分なはず。

 

そもそもノイズキャンセリングが使えるかも怪しいですしw

 

MDR-10RNCより価格が安いのも魅力的

 

MDR-ZX660

f:id:reonaworks:20160830112221j:plain

 このヘッドホンはソニーストアで開催された体験会で使用されていたものです。

 

ソニーの公式ページでもオススメされているモデルですね。

実は私もこれと同じものを購入しました。

 

これまでに紹介してきた製品と比べると、およそ半分の価格で購入できるのでお財布にも優しい!!

 

実売価格5,000円とかなり安く購入できますが、人によっては

 

「他社の2万円くらいするヘッドホンにも劣らない音質!!」

 

と絶賛されているので、ゲーム用途としても必要十分です。

 

実際にわたしも使っていますが、装着感もよく軽いのでVRに向いていると思います。

 

少し締め付けはきつく感じるので頭の大きい人は、耳が痛くなるかもしれませんね。(ただ長期間使ってると緩くなるかもしれませんが・・)

 

 

ちなみにこれまではソニーのカナル型(密閉型)イヤホンを使っていたのですが、音質に不満はありませんでした。

f:id:reonaworks:20160830123304j:plain

むしろいい音だなぁ♪って思ってたぐらいです。

 

ですが、やっぱり全然違うw

 

安価なイヤホンと比べるとヘッドホンのほうが遮音性や音の厚さは断然良いですね。

 

f:id:reonaworks:20160830144452j:plain

ただMDR-ZX660はイヤーパッドが小さめなので、耳をすっぽりと覆うことはできません。

 

完全に耳を覆いたいなら上位機種のMDR-Z770がオススメです。

 

上位機種といっても2,000円ほどしか変わらないし、低音は770のほうが良いみたいです。

 

SONY 密閉型オンイヤーヘッドホン ブリックオレンジ MDR-ZX660/D

SONY 密閉型オンイヤーヘッドホン ブリックオレンジ MDR-ZX660/D

 
SONY 密閉型ヘッドホン ターコイズブルー MDR-ZX770/L

SONY 密閉型ヘッドホン ターコイズブルー MDR-ZX770/L

 

 

 

まとめ

PlayStationVRに使うヘッドホンは体験会と同じものがオススメ!!!

 

 

PlayStation VR

PlayStation VR

 

 

 

 

gadget-jk.hatenablog.com

gadget-jk.hatenablog.com