読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ!こちらガジェット研究会!

最新ガジェットやネットめしを追いかけるブログ!

日本初のプロゲーマー梅原大吾の言葉が熱すぎる!人生を成功させたい人はウメハラに学ぶべき。

ストリートファイターV (数量限定特典「キャミィ」バトルコスチューム&「500ゼニー」プロダクトコード 同梱)

いきなりですが、みなさんは【eスポーツ】というものをご存知ですか?

 

 簡単にいってしまえば、対戦ビデオゲームのことなんですが世界ではこれを”職業”として活躍されている方がいます。

 

しかも年収が一千万円を超えるというのですから驚きですよね。(トップの人は1億超えてます(笑))

 

しかし日本でも少しずつ認知度があがってきているとはいえ、まだまだメジャーとは程遠いと思います。

ですが数年後にはプロゲーマーという職業が一般的になる可能性が出てきました。

 

なぜかというと、eスポーツを東京五輪の公開競技にしよう!っていう話もあるんですよ。知らない間にすごいことになってますよね。

 

あのウメハラがポッドキャストで語ってた!!

そんな中、日本でおそらく一番有名なプロゲーマーに【梅原大吾】さんという方がいるのですが、先日ポッドキャストを聴いてたらたまたま梅原さんが出てきたんです。

こちらのリンクから聴くことができます。

http://radioweb.jp/wp-content/uploads/podcast/272/rss_image.jpg

e-Sportsの覇者、梅原大吾さんが登場! (vol.50)シューカツの王

「シューカツの王」という武井壮さんが、パーソナリティをやっているラジオ番組に出演していたんですが梅原さんがクールなんだけど、すごく熱かったんですよ!

 

正直、プロゲーマーの存在も知っていたし、そういう人達のプレーが神がかってることも知ってはいたんですが、こんなに考え方が凄まじいものだとは思いもよりませんでした。

それから、さらに興味がわいてAmazonで梅原さんの著書を読んでみたんですが、本当にスゴイ!!

 

たかがゲームだなんてバカにしちゃいけないなと....

 

ハッキリ言って世界中で活躍している、プロスポーツ選手やビジネスマン、職人さんなんかと考えてることがまったく同じです。

 

わたしも色々なビジネス書や、スポーツ選手の自伝をたくさん読んできましたが梅原さんの本にはそれが全てわかりやすく、詰まってるといった感じです。

 

生半可な”プロ”じゃなく、正真正銘の”プロフェッショナル”なんです。

 

梅原大吾の名言や考え方を知れば必ず人生でプラスになる

ということで、梅原さんの著書「勝ち続ける意志力」の中から、個人的に印象に残ったフレーズを紹介していきますね。

どれも熱いし、考えさせられますよ!

 

f:id:reonaworks:20151211142834j:plain

 

筋力をつけたければ筋力トレーニングを、痩せたければそれなりの運動を、人よりも強くなりたかったら人一倍練習しなければいけない。
どれだけつらくても、それ以外に道はないと思う。

まったくその通りだと思う。今の世の中、【簡単にうまくいく方法】や【すぐできる◯◯】などのお手軽メソッドが氾濫してますが、トップで活躍している人はとにかく行動をしているはずです。

 

僕にとっての正しい努力。それはズバリ、変化することだ。
昨日と同じ自分でいない
そんな意識が自分を成長させてくれる。  

 ある程度の強さや地位を確立してしまうと、それを守ろうとするために変化を嫌がるのが人間です。

それを怖がっていては、それ以上の成長なんてないと気づかせてくれます。

 

子どもの頃からそれこそ毎年363日ゲームをやっていた

これって野球選手のイチローさんと同じですよね!

確かイチロー少年も、大晦日と元旦以外はバッティングセンターに通ってたというのを本で読んだことあります。継続は力なりなんです。

 

例えば、いろいろな障害を越えてゴールを目指すレースがあったとする。
その途中に壁がある。殴って壊れる壁もあるだろう。
しかし、殴っても絶対に壊れない壁だったら、そんなものはよじ登ればいい。
近くに梯子(ハシゴ)があるかもしれない。
ノブをひねればドアが開くことに気づく程度の問題かもしれない。
多角的に考えれば、きっと攻略法は見つかる。

 柔軟に考えること、応用力を磨くこと、自分の中の固定観念にとらわれないことが大事だということです。

やっぱり常識の中だけで行動している人は、壁にぶつかった時に弱いんでしょう。

梅原さんは、とにかく””自分で考える事”が大事だとよく言っています。

テクノロジーに頼りすぎた現代人は考える力が減っていると気がします(自分も含めて)

インプットも大事だけど、アウトプットはもっと大事!

 

自分自身に学ぼうとする意欲がある限り、どんな人、どんな本、どんな言葉からでも学びを得ることはできる。

常に進化できる人は、常に学ぶ人。

世代やジャンルが違っても、全てのことから学ぶことはできます。

梅原さんも、たくさん本を読んだそうですよ。

 

まずは目の前の5段を登ってみればいい。
次にもう5段が見えたら、また登ればいい。
そうやって毎日5段ずつ登っていけば、500段登るのもそれほど苦痛に感じないだろう。
最初から500段登るぞと熱くなると、往々にしてあとが続かない。  
僕は計画性がないからそう思うだけかもしれないが、あまり大きな目標を立てず、目の前のできることにのみ集中していれば、ふとしたときに信じられない高みにいることに気づく日が来るだろう。

 誰だって挑戦したことがないような、おおきな壁に立ち向かう時は尻込みするものです。

壁が高いからといって、何もしないんじゃ何も変わらない。

少しずつでもいいから、【とにかくやってみる!】というのは、とても大切なこと。

無意識で”失敗したくないから、行動しない”という人は結構多いはずです。

それは環境や人のせいにして、逃げているだけです。

 

大きな変化、大きな成長を求めると、それを得られなかったとき、モチベーションが低下してしまう。
だから1日1日、少しの変化で満足できる自分でありたい。

現実の世界で【一発逆転】なんてほとんど起こりません。

起こったとしても、それは長年積み重ねたベースを持っている人だけにおこる奇跡だと思います。

大きな変化を求めるより、1日の中でほんの少しの成長を喜べる自分になることが大切なんです。

この動画は、今となっては伝説の「最後1ドット」からの大逆転。

このゲームを知っている人が見たら、確実に鳥肌モノです。

この動画に梅原さんの凄みが凝縮されているといっても過言ではない!!20秒あたりから必見!

何回みても、「スゲーーー!!!」ってなりますよ。

 

プロになる話が来たとき、人生はいつか終わるのだから後悔はしたくないと思った。
日本にはプロのゲーマーはいない。
それならば僕が飛び込んで、先駆者になってやろう。そう覚悟を決めた。

 きっと人の人生を大きく変えるシーンで、成功した人達がやっているであろうことは【覚悟】

普通の人だったら、日本では認知されていない【プロゲーマー】を職業に選ぼうなんて怖くてできないですよ。

先駆者になってやろう。とかかっこよすぎます。

 

いまが一番でないなら、プロを名乗るべきではないと思う。  
今日よりも明日が良くなければ、何のために努力しているのか分からない。
継続的な成長を目指さないのであれば、競技から退いた方がいい。

 これは勝負事の世界で生きている人だけに限ったことじゃありません。

過去の自分より、未来の自分のほうが進化したほうがいいのは全ての人に共通のことです。

 

階段を登れば、それが正しい階段であろうが、間違った階段であろうが、必ず何かが残る。
間違った階段を登ったときに手に入れた経験値があれば、また違う階段を登るとき少しだけ登りやすくなる。

失敗しても間違っても、別にマイナスじゃないんだと気づかせてくれます。

過去の偉人たちも散々言っているように、それは全て成長するための種なんですよね。

 

ゲームに興味がない人にも、梅原大吾の本は読んでほしい

本当に久しぶりに、いい本に出会えたなぁと感じました。

「勝ち続ける意志力」

は夢を持っている人や頑張っている人には絶対に読んで欲しい名著だと思います。

壁にぶち当たっている人が読めば必ず、成長できること間違いなし!

 

私もまだ梅原さんの著書は、これしか読んでいないんですが他も読んでみたいと思います。

次は、1日ひとつだけ、強くなる。 (中経出版) あたりを読んでみようかな。

1日ひとつだけ、強くなる。 (中経出版)

1日ひとつだけ、強くなる。 (中経出版)

 

 

それにしても梅原さんの考え方が、素晴らしいしカッコイイ。

最初のほうでも書きましたが、世界のトップランナー達は結局は同じことや似たようなことを考えるんだなと実感しました。

 

そもそも最初っから、技術がすごい人や認められる人なんていないわけです。

今現在、天才と言われている人達だって、小さい努力を一歩一歩積み重ねていった結果がすごいことになっているだけですもんね。

 

いきなりスーパースターになった人なんて1人もいないのに、背景を知らない人たちは、「才能があっていいよねー」、「天才は自分とは違うよなー」と言って、継続することの凄さを知らない可哀想な人なんです。

 

どんな事も”続ける”のは難しいですが、変化しながら、日々少しずつでも継続して成長することが大事なんだと改めて思い知らされました。

 

プロゲーマー梅原大吾が日本で、超有名人になる日はそう遠くないはずです。

【弓月 楓】

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

勝ち続ける意志力 (小学館101新書)

 

 

1日ひとつだけ、強くなる。 (中経出版)

1日ひとつだけ、強くなる。 (中経出版)