読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ!こちらガジェット研究会!

最新ガジェットやネットめしを追いかけるブログ!

iOS9のWi-Fiアシストが問題にされてるけど、ワケがわからない件

iphone-mania.jp

 

どうも、ガジェット研究会、冬乃です。

iOS9より搭載されているWi-Fiアシストについて、アップルが説明を怠っていたとして、同社に対し、500万ドル(約6億円)の集団訴訟が発生しています。

 との記事が出ていたので、なにこれ?と思って調べてみました。

 

 

Wi-Fiアシストっていうのは、iOS9で新たに採用された機能です。

 

簡単に言うとWi-Fi接続が不安定なとき、モバイルデータ通信で回線を安定させてくれます。

 

基本的にiPhoneのWi-Fi設定をオンにしている人も多いと思いますが、オンにしてると街中で【野良Wi-Fi】をつかんでしまうんですよね。

※野良Wi-Fi=ドコモやソフトバンクの提供するWi-Fiスポットや、コンビニが提供してるWi-Fiスポットのことです。

 

それで【野良Wi-Fi】の通信スピードが早ければ問題ないんですけど、速度が遅かったりログインが必要になったりと、はっきり言ってジャマでしかないことのほうが多いですよね(特にソフトバンクのWi-Fiってどうにかならんかな・・・)

 

そこでこWi-Fiアシストがあれば、自動でLTEなどに切り替えてくれて快適に使えるってわけです。

 

で、一見、便利機能なんですが、どうやらこれが問題になっているみたいですね・・・

原告代表のWilliam Scott Phillips氏とSuzanne Schmidt Phillips氏は、「常識的で平均的な消費者は、iPhoneを音楽ストリーミングやビデオ、様々なアプリに使う。

それらの全てが顕著にデータを消費し得る」とし、想定以上のモバイルデータ通信が発生したことで、計500万ドル(約6億円)の損害が発生したとしています。

 

わたし自身は、このWi-Fiアシストをオンにしているんですが(デフォルトではオンです)イマイチ、有効性がわからなかったんですよ。

 

ていうか、気付かなかっただけで、もしかしたらデータ通信がかなりやられていたのかもしれません。

 

ほとんどのキャリアでは、通信制限があるので、もし気づかないうちに勝手にモバイルデータ通信されていたら、大事な時に高速通信が使えなくて不便に感じる可能性があるので、注意が必要ってことかな?

 

最近、わたしも学校でWi-Fiをオンにしてるのに、やたらとLTEに切り替わるなぁ(Wi-Fiが切れるなぁ)と感じていたのは、おそらくこれが機能していたからでしょう。

 

問題が起こったことで、アップル側も

「Wi-Fiアシストは、大容量のデータ通信を行う、音楽やビデオストリーミングなどのサードパーティーアプリ、電子メールアプリなどにおける添付ファイルダウンロードなどには適用されません」

 とし、ほとんどのユーザーは数パーセント程度だけ、通信料が多くなるだけと明らかにしたそうです。

 

でもまぁ、Wi-Fiアシストがオンでもオフでも、そんなに変わらない気がするけどなぁって、これ書きながら思ったんだけど?

f:id:reonaworks:20151025154240j:plain

外出中は、基本LTE回線だしWi-Fiエリアに入って、通信速度が遅い場合は自動で切り替えてくれるんだったら、やっぱり便利機能な気がするんだけど?

 

これを問題にしてる人たちの意味がよくわかんなくなってきたぞww

 

わたしが理解力ないだけかもしれませんけど、そんなに騒ぐことじゃないような気がするw

 

ちなみにWi-Fiアシストは設定の、モバイルデータ通信っていう項目でオンオフの切り替えができるので、必要ないって方はオフっちゃいましょう。

でも、オフにしたら野良Wi-Fiをキャッチしてイライラするだけな気もするけど・・・